fbpx

Microsoft Surface
Intel

Microsoft Surface で
実現する教育現場改革

Surface fot Education

Surface × Microsoft 365 で
教育現場の改革を最大限にサポート

SYNNEX

学ぶ側・教える側のあらゆる理想に応える Surface と、
学校の予算やニーズに応じた豊富な選択肢から選べる統合ソリューション Microsoft 365 Education。
これらを組み合わせることで、新たな ICT 教育に求められる環境を実現するだけでなく、
セキュリティ対策などの管理運用面における課題も解決できます。

Surface が教育現場に
提供できる価値

  • 新しい授業のかたち
    「オンライン」

    自宅から授業に参加したり、インターネットを活用して海外交流を行ったりなど、授業の形態はオンライン化が進んでいます。Surface Go 2 のインカメラと Microsoft Teams などのリモート学習ツールでは、お互いの表情や反応を確認しながら授業を進めたり、ファイルを協働編集するなど、まるで同じ場所に先生と子どもがいるかのような環境を実現できます。また、Wi-Fi のつながらない校外や自宅でもLTE モデルなら、場所を選ばずに利用可能です。授業に参加できない子どもの学びを止める必要はありません。

  • PC も一つの文房具として使う、
    未来のノートテイキング

    板書を Surface Go 2 のアウトカメラで撮影し、OneNote にデジタルノートのように貼り付け、ペンを使って手書きでメモを書き添えるなど、デジタル教材を組み合わせにより、多様な学習の形を実現できます。座学に限らず、体育の授業を動画撮影して体の動きを確認したり、自宅で動画教材を見て反転学習を実践したり。また、聴覚を活用した英語のリスニングやスピーキング練習も、PC で録音することで、発音やイントネーションのチェックもでき、宿題の幅を広げることができます。キーボードとペン、タッチ機能、カメラとマイク。これらの機能が、子どもたちの自由な発想力をひきだして学びを深めます。

  • 教室の外にも広がる
    学びの場

    教室の外でもデバイスを活用する場合、大事なことは常に持ち歩きが可能で、子どもたちの負担にならない軽量のものであることです。そのうえ、教室の机の上でのスペースを取らず小さすぎない、最適なサイズであることも重要です。さらには、元気いっぱいの子どもたちが利用する PC には頑丈なものが求められます。Surface Go 2 を含む全ての Surface 製品は、専用のラボで厳しい耐久性テストをクリアしており、活発な子供でも安心して持たせることができます。

  • デジタル教材で
    学習効果を最大化

    今後はますます教育の ICT 化が進み、デジタル教科書の導入や、プログラミング教育の必修化など、教育現場で取り扱うデジタル教材も増加していきます。しかし、「教材を開くまで時間がかかる」「PC の動作がもたつく」などデバイスのスペックが、授業の進行の妨げになってしまうこともあります。Surface Go 2 は ICT を用いた効果的な学びを実現する十分な性能を備え、豊富なデジタル教材をあますことなく活用することで学習効果を最大化します。限られた授業時間を効率的に使えるスペックを備えた Surface Go 2 が、子どもたちの学習意欲を高め、授業のスムーズな進行をサポートします。

Surface のラインナップ

Intel core

Surfaceシリーズは
インテル® Core™ プロセッサー搭載モデル
がおすすめ!

  • Surface Go

    •Surface Go 2 •Surface Go 2 LTE Advanced

    子どもの学習意欲をはぐくむ
    学びの最適 PC モデル
    Surface Go
    タッチパネル / ペン対応
    10.5 インチ
    約 544 g〜
    Intel® Pentium® Gold プロセッサ 搭載
    第 8 世代 Intel® Core™ プロセッサ搭載
    Windows Hello 顔認証サインインによる
    エンタープライズ レベルの保護
    詳しくはこちら
  • Surface Pro

    •Surface Pro 7+ •Surface Pro 7+ LTE Advanced

    教室でも、講堂でも、自宅でも。
    あらゆるシーンで活躍する 2 in 1 PC
    Surface Pro
    タッチパネル / ペン対応
    12.3 インチ
    約 770 g〜
    第 11 世代 Intel® Core™ プロセッサ 搭載
    Windows Hello 顔認証サインインによる
    エンタープライズ レベルの保護
    詳しくはこちら
  • Surface Laptop Go

    •Surface Laptop Go

    よりコンパクトなノート PC を、
    学びに取り入れたい人へ
    Surface Laptop Go
    タッチパネル
    12.4 インチ
    約 1,110 g
    第 10 世代 Intel® Core™ プロセッサ 搭載
    Windows Hello 顔認証サインインによる
    エンタープライズ レベルの保護
    詳しくはこちら
  • Surface Laptop

    •Surface Laptop 3

    使う人の個性を彩る
    スタイリッシュな高性能ノート PC
    Surface Laptop
    タッチパネル / ペン対応
    13.5 / 15 インチ
    約 1,265 g〜
    第 10 世代 Intel® Core™ プロセッサ 搭載
    Windows Hello 顔認証サインインによる
    エンタープライズ レベルの保護
    詳しくはこちら

導入・管理がカンタン!

ソフトやハードの知識がなくて不安な担当者でも簡単に導入・管理が可能です。

まったく新しいWindows の展開方法Windows AutoPilot で“カンタン”
デバイス受け渡し
クラウドベースによるシンプルな展開 クラウドベースによるシンプルな展開

ユーザーにうれしい
数ステップで準備完了
Windows AutoPilot で“カンタン”
セットアップ
  1. デバイスを配送。
    電源を入れる
  2. ユーザーID/PWなど
    最小限の設定を実施
  3. クラウドからアプリ展開。
    デバイスの準備が完了

ファームウェアもドライバーも、
更新プログラムも一元管理
Microsoft Intune で“カンタン”
デバイス管理
クラウドベースによるシンプルな展開 クラウドベースによるシンプルな展開

よくある質問

Autopilotへのデバイス登録に必要な情報はなんでしょうか?
MACアドレスやHWハッシュ値、Intuneアクセス管理者権限やユーザアカウントが必要となります。
Windows 10 Enterpriseを利用したい場合は、Enterpriseプリインストールモデルを用意する必要があるのでしょうか?
Windows 10 Pro から Windows 10 Enterprise へのアップグレードについては Windows 10 E3 のサブスクリプションのライセンスをユーザーに割り当てるか、Volume License のキーを Windows 10 Pro にインストールし、認証することで切り替えすることができます。
マイクロソフト社以外のPCでも、シリアル番号をハードウェアベンダーから入手できるのでしょうか?
他ハードウェアベンダー様でのシリアル番号やハードウェアハッシュ等 Autopilot へのデバイス登録に必要な情報の提供については各ハードウェアベンダー様にお問い合わせください。
Autopilot利用時回線の負荷が心配です。
Autopilot 実行時にはネットワークに接続し、認証、設定やポリシーの適用、アプリケーションのインストール等をおこないます。Surface の法人モデルは 比較的容量が大きい Office 365 Pro Plus がプリインストールされており、Autopilot のプロセス中で Office をインストールする必要がないので、必要なネットワーク帯域が低いというメリットがあります。
AutoPilot による展開において Intune は必須でしょうか。
Autopilot での展開では Azure AD と連携可能な MDM ソリューションとしてマイクロソフトが提供するIntune をご紹介しています。
CSP パートナーがお客さまのAutopilotのデバイスを登録する場合にはどのような手順になるのでしょうか。
パートナーセンター上でお客様にアクセス権を付与いただくための URL を表示し、お客様にその URL をクリックいただくことで権限が付与されます。
レンタル会社がユーザーにPCを貸し出す際に、Autopilotを利用する場合のAzure アカウントはレンタル会かユーザー企業どちらが利用可能でしょうか。
導入するアプリやライセンスなどエンドユーザー企業によるかと思いますのでユーザー企業のものをご利用いただければと思います。
AutoPilotを利用する際に必要なライセンスは、Azure ADとIntuneの他には、何かありますでしょうか。
Autopilot について必要なライセンスは Azure AD P1/P3 と Intune になります。
ユーザーにSurfaceが届いた時にインターネット接続せずに起動すると、工場出荷状態で Windows 10 が起動する状態となるのでしょうか。
はい、ご認識の通りとなります。

お問い合わせ