XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX" width="0" style="display:none;visibility:hidden">

何ができるのか、何をしたいのか。
求めた以上に、応えてくれる。

オンプレミス資産を無駄にしない!
フレキシブルなパブリッククラウドMicrosoft Azure

過去から未来を作る、ハイブリッドなクラウド環境。

「何ができるのか?」問われれば、「何でもできる」と応えたくなるほど懐が広いAzure。
既存の社内システムをクラウドで強化しつつ、クラウドネイティブで新たなビジネスを展開するなど、
目的に合わせてフレキシブルに使えます。
特に、IT人材不足に悩む企業は、システム管理の手間暇もセキュリティ対策も一任できるAzureで
業務効率の改善やコストカットを深く実感できるはず。

IT管理はAzureに

今の環境を急に変えたくないなら
必要な機能だけ、いいとこ取りする。

パブリッククラウドサービスの中でも、Microsoft Azureは他にはないオンプレミスとクラウドのハイブリット環境が必見。
オンプレミスで開発した自社アプリケーションなど、使い慣れた既存の資産を活かしつつクラウド環境と併存させたり、
移行するにも手軽です。
Azureはコンピューティング、データベース、モバイル、ストレージ、分析など、あらゆるサービスを展開し、オープンソースも数多くのサポート。ともすると「難しい」といった印象をもたれがちですが「まず業務ありき」で利用すればOK。システム管理のコスト削減につながり、“ITが専門ではない”一般の企業が抱える課題をスマートに解決します。

Azure活用例

まずニーズありきで使う。
今までの無駄を省き、
未来の成果をデザインする。

既存データセンターの拡張なら、Azure IaaS。あらゆるスペックの仮想マシンを豊富なラインナップから選んで、わずか5ステップで作成できて、ブロックを組み立てるようにデータセンターをデザインしていきます。
データの増加対策、災害対策のバックアップにはStorSimpleで対応。オンプレミスもクラウドもOMS(Operations Management Suites)一括で管理。クラウド活用でなにより気になるセキュリティやコンプライアンス対策は 、全環境をオートで監査するSecurity Centre が中核を担います。
新たなビジネス基盤を開発するのであれば、Azure PaaSを組み合わせてクラウドネイティブなシステムを。IoT/ビッグデータはAzure PaaSが、AIとBotもCognitive ServiceとBot Frameworkでもっと身近になります。

Azureのセキュリティ

今より安全な環境だから、
クラウド化に踏み切れる。
大切なデータを守り抜く、
世界最高水準のセキュリティ。

セキュリティやコンプライアンス対応に厳正な方ほど、クラウド利用に抵抗が生まれるもの。
でも、Microsoft Azureなら大丈夫。万全のセキュリティ体制で顧客データを守ります。日本初となる「クラウドセキュリティゴールドドマーク」の取得(2016年)を始め、世界標準に準拠したさまざまな基準を満たしています。
データセンターは世界54リージョン、140ヶ国でサービスを提供(2018年11月現在)しており、日本国内は西日本と東日本の2拠点体制で万が一の災害にも備えます。
また、Microsoftでは契約書の中で、ユーザーのデータをセキュアな状態で保護することを明確に記載しています。たとえ政府からデータ開示の求めがあったとしても、Microsoftが任意で開示に応じる事はありません。

Azure in CSP サポート約款 ダウンロード

Contact

資料請求など
お気軽にご連絡ください。